スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKスペシャルで100万のレグザが

先日、再放送のNHKスペシャルで、液晶テレビを話題にした番組を見まして。


液晶テレビといっても専らTOSHIBAのREGZAについてだったから、もう東芝の宣伝になってたと思うよ。
あと、テレビは進化するにつれ基盤もパッケージ化され、簡単に高品質の製品を作ることが出来るため、メイドインジャパンの強みが無くなってきているとか。
さらにアメリカでは32インチで5万を下回る製品も出てきているとか。

今後、日本ではバイデザインあたりが超低価格製品を出してくると予想できる内容でした。


その中で東芝は100万円のレグザを発表。チューナー8個載せ、あのセルプロセッサまで載せてしまったという。あと3TBのHDD(100万なら30TBとかも出来たのでは?少ないと思った。)とか。
あらゆる付加価値を盛り込んで来てたね。

ちなみにその製品がこれ。


TOSHAB REGZA X1 Series



他のメーカーは3Dに躍起になってるのに一人だけ独自路線ってのがいいね。
テレビってのは画質だよ。それにレグザは安い!(今回のは別だけどw)


あとインテルもアトムを載せた、テレパソっぽいのもあったな。






ちなみに・・・、レグザのソフトウェア開発の人のメーラーがサンダーバードだったのは、ちょっと親近感が沸いてしまったw
さらにさらに、レグザをレグザで見ているのも、なんだか親近感を持ってしまったww
(当方、レグザユーザーでございますのでw)
コメント
コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。