スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初代PC修理記録

以前の日記のつづき
初代自作機がお亡くなりに

結論から言うと、失敗でした。でも動くんで成功ってことで許してw




というわけで、仙台に行ってちょうどATX電源があったもんで買ってきました。
仙台駅東口付近のじゃんぱらで980円。ジャンクなんで保証無し。
もっと安いことを期待してたけど、仕方なかろう。


※スペック
サイズ ATX12V 400W SCY-400T-AD12
電源100901



でもって装着!こいつ、動くぞ!!
駄菓子菓子!なんだかひとまわり大きいんじゃね?・・・・・・・

電源100902




そう。どうやら初代PCはATX規格ではなかったらしく、入りませんでした…。
しかし、故電源と同じ大きさを探す方が今では大変なのでは?
そう考えれば、とりあえず修理することを目的としている今回は問題なかったのかな。




ってことで、ケース外に出してみました!
一応電源の吸気側(写真 電源とケースの接触面)が、ケース側CPU用ダクトと繋がるように配置しましたw

電源100903




後ろの図。固定は養生テープで。横置きなんで問題ナッシング!
この養生テープってのは、かなり便利なでオススメです。ノリが残らなくていいよ!

電源100904
コメント
コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。